KLARK-TEKNIK
1176-KT

今回見ていくのは1176系コンプです。しかもKLARK-TEKNIKがリリースした,と言うことでちょっと話題になりました。

国内レビュー一番乗りになるでしょうか,早速見ていきましょう

Product Overview of 1176-KT

メーカーサイトによればRev. DとEを完全再現したとのこと。まずはSpecに参りましょう。

Audio Input
Type : XLR, 1/4” TRS transformer balanced
Impedance : >600 Ω balanced and unbalanced
Max. input level : +30 dBu
Pad switch : -20 dB typical
Audio Output
Type : XLR, 1/4” TRS transformer balanced
Impedance : 105 Ωbalanced and unbalanced
Max. output level : +25 dBu
System Specifications
Frequency response : 20 Hz to 20 kHz±1 dB
S/N ratio : 80 dB @ +4 dBu
Distortion (THD+N) : 0.15% typical
Compressor
Attack time : 25 to 760 μsadjustable
Release time : 80 to 670 ms adjustable
Ratio settings : 20:1, 12:1, 8:1, 4:1
Meter settings : Gain reduction +8 / 6 / 4 dBu
Power Supply
Mains voltage : 100 - 240 V, 50/60 Hz
Power consumption : 10 W
Fuse : T1AH 250V
Mains connection : Standard IEC receptacle
Physical
Dimensions (H x W x D) : 88 x 483 x 159 mm
Weight : 2.8 kg

参考までに本家Universal Audioの現行品,1176LNのSpecも掲載しておきます。

入力インピーダンス
600 ohms、ブリッジ-T コントロール(フローティング)
出力負荷インピーダンス
600 ohms、フローティング、ダンピングファクター 20
外部接続
Jones Barrier 端子と XLR 端子
周波数レスポンス
± 1 dB 20 Hz ~ 20kHz
ゲイン
50 dB
歪み率
50 Hz ~ 15 kHz で0.5%以下のTHD(リミッティング時)
S / N 比
+10dBmで70 dB以上
アタックタイム
20 mSec ... 800 mSec
リリースタイム
50 mSec ... 1.1 sec
ステレオ相互接続
1176-SA(別売)を使用
メーター
dB ゲインリダクションと、 dB 出力
電源
120/240 V
寸法
19" ラックマウント・シャーシー 2U
重量
5kg

あと比較に使用したPurple AudioのMC77のスペックも記載しておきます。こちらもRev,D/Eを再現した,とのことです

Input
Constant Impedance Input Attenuator
Transformer Balanced and Floating
Input Impedance
600 ohms at all input gain settings
Maximum Input Level
+30dBu with limiting active and input cranked up full (Prolonged exposure to signal levels in excess of +30dBu may burn up the input attenuator)
Maximum Gain
45dB ±1dB (with limit action switched off)
Frequency Response
15Hz to 80KHz ±1dB typical
Output
Floating Transformer Balanced
Output Load
150 ohms or higher
Load Dependence
The Output Level as measured while driving into a bridging load will drop by no more than 1/2 dB when a load of 600 ohms is added there will be a loss in headroom
Maximum Output Level
+24 dBm into 600 ohm load (12-1/4 volts RMS)
+30 dBu into bridging load (24-1/2 volts RMS)

チョット見づらいので一部を表にまとめます。

KLARK-TEKNIK
1176-KT
Universal Audio
1176LN
Purple Audio
MC77
Input Typeトランスバランストランスバランス(Floating)トランスバランス(Floating)
Input Z600Ω以上600Ω600Ω
Max Input Level+30dBu-+30dBu
Output typeトランスバランストランスバランス(Floating)トランスバランス(Floating)
Output Z105Ω600Ω150Ω以上
周波数特性20 Hz ... 20 kHz±1 dB20 Hz ... 20 kHz±1 dB15 Hz ... 80 kHz±1 dB
Ratio 20:1, 12:1, 8:1, 4:1 20:1, 12:1, 8:1, 4:1 20:1, 12:1, 8:1, 4:1
Attack time25 ... 760 microSec20 ... 800 microSec20 ... 800 microSec
Release time 80 ... 670 mSec50 mSec ... 1.1 sec50 mSec ... 1.1 sec
重量 2.8kg5kg5.4kg

こうしてみるとちょこちょこ違いが有るものですね。なかなか興味深いです。1176-KTのトランスはMIDASが提供しているとのことなので期待が持てます。トランスは音質に影響を与える部分なので全く同じ音質にはならないでしょう。

パネルは他の1176のコピーモデルとくらべてもレイアウトは似ています。違いといえばPower Switchが押しボタンではなくトグルスイッチで有ること,メーターの切り替えに[+6]が追加されている位でしょうか

ただ,個人的にはエフェクトを掛けたとき,必ずでは無いにせよバイパスとの音量差/音質差などを確認するのでバイパスの機能/ボタンが欲しかったです。「電源OFFでリレーが切り替わるかなー」と思ったのでやってみましたが,得られたのは無音でした。

あと背面の入出力はXLRに加えてBalance Phoneが追加されています。あと入力段に20dBのPadも装備しています。

電源は100...240Vのユニバーサルです。

Sound Impression of 1176-KT

さて実際の音に参りましょう。

録音時に試そうかと思ったのですが,sessionが止まるのも問題なので後日,Lineソースを使って試してみました。

DAコンバーターから1176-KTとMC77にそれぞれ信号を入力し,Output signalを[SOLO]で聞ける様にRoutingを組み試聴です。電源環境,使用したケーブルなどはもちろん同じです。

以前Wes Audio Beta76のレビューのときにも書きましたが,今回も別メーカーの製品なのでGR Meterなど完全には一致しませんでした。今回もGRの目安を一致させての試聴です。

ただ,戸惑ったのが,同じようなGRの振れ方にしてDAWのメーターを揃えると,Outputのノブの指す値が結構違いました。Pad ONでオリジナルと同じ状況になるようです。代理店の方も測定器など持ち出して色々測定してくれたようですので間違いないようです。

まずはBassから。

コンプレッションの印象はあまり変わりがありませんが,1176-KTのほうがややどっしりした印象の音質です。100Hz前後をすこしブーストした,という感じでしょうか。ヌケが悪い,とは特に感じませんでした。

Ratioの印象ですが,4:1のほうが20:1よりも,今回のテストではハマっていたと感じました。指弾きがどっしりし,Slapのツペツペした音が張り付いてきます。

次にKickです。

ここでもCompressionの印象の差は結構小さめです。こちらでは12:1とかの方が印象が良いです。録音時にもある程度下処理してありますのでそのへんの影響もあるのかもしれません。

次はSnareです。

こちらもHi Ratioのほうが好印象です。ただ,MC77のほうが少しパキっとした感じのsound colourなのでMC77 vs. 1176-KTという意味だとMC77のほうが好印象です。
アタックタイムが早いコンプなので当たり前ですが,Inputを上げていっても1176-KTのリターンのPeak Meterがほとんど変わらないのが面白いです。昔Limiterで遊んだのを思い出しました。

最後にVocalです。

結構派手に叩いてみましたが,やはり通常のコンプとは違いGRが大きくなっても音が引っ込んでいく感じは少ないです。ダイナミクスが大きいVocalなどによく使用される理由をあらためて認識しました。

Afterwords

全く差がないわけではないのですが,1176-KTいい仕事します。MC77のほうが聴き慣れている部分はありますが,価格差考えれば充分です。

1176系コンプに新たなコピーモデル登場,といった印象です。

音響/設備系のプロセッサーのブランド、というイメージのKLARK-TEKNIKですが、今回の1176-KTやEQP-KTといったどちらかというとスタジオギア、という製品もリリースされて来るようです。こちらも楽しみですね!!

KLARK-TEKNIK,1176-KT 画像

date:
checker:Takumi Otani

KLARK-TEKNIK,1176-KTショップページへ

Product Review