Providence
PAP-509DCJ

最近ちょっと変わった(=機材や楽器ではなく)ケーブルなどレビューが続いていましたが、今回もちょっと変わりモノで行きます。今回はAC アダプターです。

Product Overview

Providence PAP-509DCJですが、外見は何の変哲もないアダプターです。
スペックは出力DC9V 200mAの標準的な出力を持つセンターマイナスのACアダプターです。

そもそも事の発端はお客さんとエフェクターの電池の話になり、「でもアダプターも消耗を気にしなくていいから便利ですよねー」といったひょんなことからでした。お客さんのエフェクター(詳細は伏せますが、ベース用のコンプです)に適合するACアダプターを3機種そろえて試聴していきました。

お客さんもそのつもりできたわけではないのですが半ば興味深々と言う状態です。

Sound Impression

一緒に試したのはZoomのAD-0006AとBOSS PSA-100Sです。AD-0006Aは低域が伸びる感じです。PSA-100Sはミッドがちょっと張りでる感じでした。

PAP-509DCJは非常に滑らな音になりました。こう書くとあっさりしていますが、お客さんも「おっ!」と思わず声がでる変化です。音質云々ではなく、音の次元が違うというか、安価なケーブルからハイエンドなケーブルに変えたような感じといいましょうか。
アンプの電源ケーブルを変えたときのような変化にも似ています。
即断でPAP-509DCJに決まりました。

Afterwords

出力が200mAと標準的なのでパラレルにしすぎると電力低下を招き、逆効果ですが、肝の部分に使って行くと効果的だと思います。値段も標準的なので是非選択肢に加えてみてください。

クリックで販売ページにジャンプ、別ウィンドウが開きます。

date:
checker:Takumi Otani

Providence,PAP-509DCJショップページへ

Tweet

Product Review