Ehrlund Microphones
EHR-D

さて今回はEHR-Dを見ていきましょう。以前レビューした、EHR-MEHR-Tと同様にtriangular membrane(三角形振動膜)を持つコンデンサーマイクです。早速見ていきましょう。

Product Overview of EHR-D

今回もまずスペックと参りましょうか。

Type
Ccondenser microphone
Membrane type
Triangular membrane, combines the characteristics of both large and small membranes
指向性
Cardioid
周波数特性
7 ... 87000 Hz
Sensitivity at 1kHz
-42 dBV/Pa (8 mV/Pa)
Impedance
Handles all impedances
Equivalent noise level
< 9 dBA
Signal-to-noise
85 dBA
ダイナミックレンジ
128 dB
Max SPL (peak) Clip
155 dB
0.5% THD
132 dB
1% THD
137 dB
Power supply
48 V Phantom power
Current consumption
2.0 mA
接続
XLR 3-pin
Materials
Aircraft-grade aluminium body, hardened nickel-plated stainless steel net
Finish
Glass bead blasting
寸法
Ø53 mm x 72 mm
重量
170 grams

EHR-Mと比べてMax SPLが高く設定されています。EHR-Dの"D"はDsのDとのことで、高音圧対応(=低感度)マイクということですね。グリルもEHR-M1と同様堅牢な構造になっており、コンサートの現場への対応が伺えます。

実際にEHR-E,DでDsやGtのアンプからの音を収録している動画もあります。

周波数特性曲線を眺めていて気がついたのですが、EHR-M,EHR-T,EHR-M1とカーブが異なり、よりフラットな印象を受けます。また、軸に対して90°の収録音量も6dB前後抑えられているようです。単一指向性等よりは狭/鋭指向性に近いようです。Ds周りのマイクはカブリが多いので指向性が狭いのはマイナスにはならないでしょう。

Sound Impression of EHR-D

さて実際の音に参りましょう。

各社のドラムマイクを試してみよう!!という企画が立ち上がり、我らがHome、ANNEX Recordingで弊社Music Schoolの講師、目次先生に演奏をお願いして収録してみました。

借りることができたEHR-Dが1本だったので、KickとSNにそれぞれ別に使用しました。別のタイミングでEHR-DとEHR-EをFloor Tomにも使用してみました。

収録した前者のdata関しては

を御覧ください。

動画にもありますが、楽器とマイクの対応は以下の通りです。

Kick
EHR-D
Snare
EHR-H
H/H
EHR-M1
Floor tom
EHR-E
Toms
EHR-M

Tomに使用したEHR-Mが少し歪んでしまいました...。EHR-Mの最大音圧は122 dB SPL (1% THD)ですのでTomはそのくらい音圧が出る、と言うことですね。

Kickに使用したEHR-Dは137 dB SPL(1% THD)で、問題なく収録できていますから、Ds周りに使用するにはこのくらいの音圧に耐える必要があるということです。

kickのEHR-Dは少し不思議な印象を受けました。他のKick向けマイクと比べた印象ですが、周波数特性曲線は比較的Flatと言ってよいと思います。AE2500の周波数特性曲線もFlatと言ってよいと思います。

しかし得られる音の印象はだいぶ異なります。EHR-Dの最初の印象はAKG D12 VRやD112あたりに(Dynamic micの音質に)近いと思いましたが、後日ちょっといじってみると、やはりコンデンサーマイクだなという側面が感じられました。

一方、AKGやAUDIX、sE electronicsなどのDyn マイクはKickのPreset EQ的なカーブが設定されている印象で、特にAUDIXのD6, sE electronics V-KICKなどはかなり音作りがなされている印象です。

Dynamic Micのガッツ感というのはさすがにちょっと薄い印象ですが、Kickの中に突っ込んで使えるお手軽感が好印象です。

SNに使用した時の印象ですが、コンデンサーマイクの深み的な音がありつつもダイナミックマイクの明るさがある印象です。

後者はSoundcloudにUploadしました。シングルヒット x2 + クレッシェンドする6ヒットです。

Music Plant · Ehrlund Microphones EHR-D, EHR-E

皆さんの印象はどういったものになりますでしょうか。AudioはNormalizeしてあります。波形がご覧いただけないので皆さんの耳を信じての発言ですが、EHR-Dはほぼ同じダイナミクスで収録されているのに対してEHR-Eはダイナミクスがきちんと出ているのがわかっていただけるかもしれません。

どういうからくりでこんなことが可能なのかわかりませんが、これはこれで使い分けができるという意味で興味深いです。

すべてEhrlund Microphonesの製品でDsを収録するとすると、Kick、SnareはEHR-Dを、TomはEHR-Eを使用すると思います。O/H, H/HはEHR-M(1)でしょうか。

Afterwords

中々興味深いマイク、という印象です。EHR-MやEHR-TはOff miking向けに作られている印象ですが、EHR-DとはDrums向け、とのことなのでEHR-Eと並んでON-miking向けなのでしょう。

Percussionなどにも相性良さそうです。

Ehrlund Microphones,EHR-D 画像

date:
checker:Takumi Otani

Ehrlund Microphones,EHR-D
ショップページへ

Product Review