Tak Okamura – A.Guitar


Tak Okamura先生

講師プロフィール

10代初頭よりギターを始め、学生時代にはトモ藤田氏に師事。その後Blues, Funk, Rock, Jazz Fusionなど幅広いジャンル、高度な理論、さらにテクニカルな技術を身に着けるために単身渡米し音楽を学ぶ。
バークリー音楽大学を卒業、音楽学士号を取得。在学中にはJon Finn, Mark White, Don Lappin, Bruce Saunders, David Fiuczynski, Joe Stump等に師事。学外ではフロリダ在住のFusion MasterのDerryl Gabelに師事。膨大な数のリック、8フィンガータッピング、独自のスケールアウトの解釈や理論などを学びテクニカルフュージョンに大きく傾倒する。現地での活動を経て帰国後の現在はギタリストとして都内音楽プロダクションでのサポート、教育機関等の講師を通して多数の生徒とのレッスンなど活動は多岐にわたる。また、幅広く都内で活動するテクニカルベーシストの斉藤茂明氏(Prismの和田アキラ氏らと活動)が参加する自身のリーダー作のCDリリースや教則本が来年リリース予定。

講師からのひとこと

ギターは昨今、最もポピュラーな楽器の一つになりつつあります。ギターと一言で言っても色々な形状の物や、バラエティ溢れる様々なサウンドが出せる楽器です。演奏されている年齢層も幅広くお子様から大人の方まで本当に楽しめる楽器です。まったくの初心者の方から経験者の方まで丁重にレッスンを行っています。初心者の方でも遠慮なくレッスンを受けに来てください。ギターを始めて、最初に難しく感じる部分や経験者が悩むテクニック的な壁の乗り越え方などフレキシブルに対応しています。もちろん独学では学ぶことの難しい個所もレッスンではきちんとレクチャー致します。日々の生活もギターを楽しむことによって充実させられるような楽しいレッスンを心がけております。

Okamura先生エレクトリックギターコースのページはコチラ

Okamura先生ウクレレコースのページはコチラ